わたしの隠れ家 〜通販を紹介してくれたる越前がにの網元〜
越前がにの通販もあると知って、ここ何年かは通販で購入しています。
通販で購入する場合、捕れた蟹をそのままゆでて購入者の発送してもらえるので、
普通に買うより安く、新鮮な状態で家に届きます。

インターネットの普及によって、こういった直販が出来るようになりました。
新鮮さが命の鮮魚をとれたてのまま直接送ってもらえるって、通販ならではですね。

かにのお店に食べに行きたいとは思っていましたが、値段がはりそうで、きっかけもなく、なかなか足が向きませんでした。

それが、あることをきっかけにかに懐石のお店に行くことになりました。
最初、あまり気乗りのしなかったお店だったんですが、個室ということと、越前がにだってこと。
時間もたっぷり楽しめることから、それからお気に入りになったことは言うまでもありません。
しかも、料理も最高に美味しいのですから。

久しぶりな女友達と会うときや、同窓会でも、落ち着いた雰囲気で楽しめます。
もちろん、デートでも。

一応、年中、お昼の会席を利用することが出来るのですが、季節によって、若干メニューが変わります。
大好きなカニのグラタンは、今のところずっとメニューでは、お見かけしていますけれどね。

季節の特別会席だと、普段のメニューにはないような変わった料理が準備されているので、続けて利用するときはこの特別会席にしています。

カニの白和えや、カニみそ田楽は、かなり美味しいですよ。
でも、数量限定だったりするので、ご利用する方は、お早目にご予約くださいね。
なんて☆

ちなみに、越前がにの会席料理は、夜だと内容も少し豪華になって、5,800円くらいからになります。
フリードリンクもあって、2時間の飲み放題はお得です。
カニ料理は、ビールも日本酒も、かなり合いますからね。
ちなみに、焼酎や酎ハイもあるので、お好みに合わせて楽しめます(柚子の酎ハイ、最高です☆)。
もちろん、コーラやりんごジュースなんかのソフトドリンクもあるので、飲めない人でもお得ですよ。
やっぱり、目の前に飲んでいる人がいると、ジュースでもおかわりしたくなるものですしね。

あっ。
言い忘れていましたが、網元の看板料理は越前がにの“かにすき”なんだとか。

写真で見ると、透明感のあるツヤツヤの身が美味しそうだし、カニ本来の旨味が際立つという白醤油だしになっているそうです。
美味しそう、と思いつつも、いつも、会席を注文してしまうので、実はまだ注文したことがないんです。
次こそは、と、いつも思うのですが、まだ注文には至っていません。

これだけ、網元さんをお勧めしているのに、看板料理をまだ食べていないって、失礼ですよね;
きっと・・・。
次こそは・・・。
今年はどのくらい越前ガニが食べる事が出来るかな…。 お正月には、きっと食べられるはず。実家の母が毎年買っておいてくれるので、嬉しいです。
後は、新年会や忘年会できっと一回は食べたられるかな〜。
お家パーティーで、カニを買って食べるのもいいな♪
家で食べることのメリットというのは、時間を気にしないで食べられる。
子供が飽きてしまっても、家だから子供はごちそうさまして、遊ぶなり、好きに過ごせるというのがいいかなって思います。
多少汚しても、家ですから、自分で掃除すればいいだけの話ですし♪ 好きな飲みもの、アルコールを準備して、準備の段階から楽しむのもいいですよね。

カニを買う時に冷凍されたカニを飼うこともあると思うのですが、冷凍された状態のものをどのように解凍するのかということで美味しさが変わってくるのだそうです。
冷凍からの解凍はなるべくじっくり時間をかけて行った方が良く、冷凍室から、外で解凍するのではなく冷蔵庫でゆっくり解凍したものは身はしっとり美味しさも流れでなくておいしいそうです。
どおりで…。
いつだったか、お正月に親戚がカニを持ってきてくれたのですが、その場で食べると言うことでそのまま部屋で解凍したのです。
室温での解凍なので時間はそれなりにかかりましたが、半冷凍の家に食べる感じになり、身はパサパサで塩分は残り、しょっぱいカニになってしまいました。
高いかになのに残念…。
その場で食べるつもり持ってくるのなら、前日にゆっくり冷蔵庫で解凍したものを持ってきてもらうのがベストのようですね。
 


カニカレーを食べてみたいです。マカオのカニカレーが美味しかったって友達が言っていたので、今度マカオに行くチャンスがあるので、ぜひ食べてこようと思っています。このカニカレーって大胆極まりないんです。なんとカニが一匹お皿にドンと出てきちゃうんです。そして、ピーマンなんかの野菜にまみれてカレーが下に溜まっていました。食べるときに手がべたべたになるのは、気にしないでひたすら食べることに集中しましょう。服もカレーが万が一付いてしまっても目立たないカレー色?の服を着ていくといいかもしれません。日本ではカニカレーってないんでしょうか。ちょっと調べたところ、ありました。紅ズワイガニのほぐした身を使ったカレーです。値段も思ったほど高くはなくて、250円前後で購入できます。インターネットでカニカレーって検索すると、黄色いレトルトに赤いかにのイラストが付いたカニカレーが出てきます。紅ズワイガニは越前がに 通販で購入したズワイガニとよく似ているんですが、種類はちょっと違っていて、実入りがちょっと少なく感じるそうです。その分安いんでしょうね。これは、カルディコーヒーで売っています。近くに大型ショッピングモールがあってその中にカルディコーヒーがあるから、見てこようと思います。1/31(木)までオリジナルカレーキャンペーンを開催!!しているみたいなので、ちょうどよかった。普段よりちょっとお値打ちに買えるみたいです。このカルディコーヒーのシリーズで他にもオリジナルのカレーがあって、全部で4種類あるんですよ。カルディコーヒーの店頭で配っているコーヒーって匂いに誘われていただいてしまいますね。で、店内をうろうろとしていると、別に買おうと思って入ったわけでなくて、コーヒーを飲んで出るつもりだったのに、いろいろ目の保養をしているうちに、珍しいものが多い為に、欲しくなってしまうことが多いです。気に入っているお菓子があって、入るとどうしても買ってしまいます。「TimTam」というお菓子なんですが、濃厚なチョコレートビスケットで、6種類あるんですが、これも一度食べたらはまりますよ。


同窓会に行って来ました。みんなぱっと見は誰かわからない人がいてもまじまじと見て名前を聞くと「あ〜!ほんとだ!」ってどこか面影ってあるものですね。真顔がすっかりおばさんおじさんになっていても、笑った顔が元のままで特徴があったり、癖が昔と変わらなかったりして。昔と同じって安心します。懐かしいというより、戻ったって感覚?に近いかも!大人になるとだんだんと人と付き合う範囲が狭くなりがちで、会社と家の往復って人も多くなってきて、例えば、20代の頃は友達付き合いが、多いとそうでない人が半々だったのに対して、30代になると6割以上の人が狭くなったって感じているそうです。結婚して、子供を持つ人も友達との交流が狭まってくるでしょうし、独身の人も、周りがドンドン結婚して、子供を出産していくと、会う機会も減りがちです。そして、もうひとつ、大人になってからの友達は出来にくい!感じている人も多いでしょう。だから、同窓会なんかで、音沙汰が途切れてしまった友人にまたあうととってもうれしいですし、以外に近くに引っ越していたとかだったら急激にまたお付き合いが始まったりしちゃいます。子供の頃から知っているって事は本来の自分を知っているってことですから、取り繕わなくてもいいからなんでしょうか。疲れないんでしょうね。で、同窓会に女性はみんなおしゃれしてました!やはり綺麗で痛いって言うのが助成ですからね。すっかり老けてしまっていた友人もいれば、昔よりずっと綺麗になってんじゃない?って人もいてさまざまでしたよ。すっかりセレブになっていた友人は、カバンがなんとエルメス バーキンでした。みんなでペタペタ触ってしまいました。エルメスのバーキンなんて、普通じゃ買えるしなものではないですから!この機会を逃してはと、バーキンを貸してもらって、写真も撮ってしまったわ。こんな事がで着るのも幼なじみだからこそですね。付き合いの浅い友人にそんなこと頼めませんもの。

子供の誕生日に甲羅に家族で行って来ました。みやびという特撰御膳を頂きました。とっても幸せだったな。接客してくださった女性の店員さんも旅館の女将さんみたいに丁寧で、感じよかったです。かにって、食べるのに集中力がいると思いませんか?不器用な私は、カニを隅々まで身をほじりだすのが苦手で、器用に細い部分まできれいに身を取れる人を尊敬しちゃいます。越前ガニを通販でとりよせても、普通の家庭では、お母さんが器用に子供達の分も身を取ってあげるでしょうが、うちは私が不器用なので、子供達がやってくれます。われながらいい子供達を持ったもんだ!それはそうと、カニ尽くしなんて本当に幸せでした。豆腐があって、これかにみそ豆腐ですって、店員さんが教えてくれました。そんな豆腐初めて食べました。風味がよかったです。かに釜飯は、時間がかかるみたいで、最初から火をつけてくれて、最後に頂きましたが、食べきれないぐらいでお腹がポンポンでした。カニグラタンも最高です!欲を言えば、カニクリームコロッケが食べたかった!お腹一杯だったのでその時は食べられなかったのが無念ですね。入り口に大きな水槽に入ったズワイガニや、毛がに、タラバガニがゆっくりとですが歩き回っていました。指をちょっと水の中に入れて温度を確かめたら、ツメタッ!すぐに手を引っ込めてしまうぐらい冷たかったです。カニってあんな冷たい水でよくいきれるなって行ったら、イヤイヤ、冷たくないとしんじゃうんでしょう?(笑)って旦那さんに突っ込まれました。それにしても、カニは美味しいわ。また今年一回ぐらい来れたらいいのにな〜。
ズワイガニと越前ガニ。名前が違うけど、違う種類なのか?小さい頃は悩んだものでした。大人になって分かった事ですが、どちらも同じ種類のカニで、越前ガニは福井県で採れたものを越前ガニと呼ぶということが分かって、スッキリ、スッキリ。 福井で採れたかには日本海の荒波で鍛え抜かれ、とっても甘くて、身がぎっしり詰まっていて美味しいと評価の高いカニが越前ガニなのです。美味しいと評判で福井県のブランドとも言いますか、福井で採れたカニを「越前ガニ」という名前で売っているということです。

結婚式が盛り上がってクライマックスを迎え、その後エンドロールがプロジェクターで映写されて、感動のうちに式が終わると言うのが、ここ最近の結婚式での流行となっています。このエンドロールは様々な種類のものがありますが、どれも皆業者に依頼すると結構なお金がかかるものです。それに、業者に依頼すると、ワンオブゼムになってしまいがちです。つまり、どこかで見たことがあるようなものばかりになってしまうと言うことです。式を挙げる二人にとってはそれが唯一のものですから、結婚式 エンドロール出来ればずっと思い出に残るようなものを作ってみてはいかがでしょうか。そして、そのためには自作を行うのが一番なのです。自作と言っても、難しいことはありません。プロの業者が作るような、式の様子を映写することは無理ですが、自分達のオリジナリティーを生かした、本当にこの世に唯一無二の映像を作ることができます。そのためには、パソコンが必要となりますが、パソコンは最近では大変普及していますし、その性能も近年では格段にアップしていますから、動画編集などは簡単に出来るものになっています。結婚式前で慌しい時期でしょうが、それでも、折角結婚式を挙げるのですから、思い出に残るようなエンドロールを自作することをお勧めします。

結婚式場で生演奏を希望される方の多くは、ご自身が何か楽器の演奏が出来る事が多いようですが、生演奏といっても、色々な種類があります。例えば、弦楽器やピアノを使って「クラッシック調」にするのか、それともお琴を入れて“和”の雰囲気を作るのか、それともシンセサイザーや電子オルガンで“演歌から洋楽まで”の幅広い音楽を楽器に任せるか、それは予算とどういった形の披露宴を希望するかで選択は変わってきます。名古屋の一部の結婚式場では、式場が打ち出したプラン価格もあり、キリスト教式では、その中に牧師・オルガン・聖歌隊の料金が含まれています。生演奏でのキリスト教式は、本格的なパイプオルガンの音で、リハーサルから本番さながらの臨場感が味わえます。結婚式場 名古屋の披露宴式次第では、余興でカラオケを入れ、その時間帯には既にお酒も入り、半ばカラオケ大会のような、結婚披露宴とは程遠い雰囲気になってしまう事もありますが、そんな時、生演奏での伴奏があれば、そのコーナーでも、品格が保つ事ができ、生の楽器の演奏・奏者に助けられる事もあります。親族が演歌を歌う時にでも、カラオケを使えばただののど自慢大会になるところが、思ってもみない楽器から、それがバイオリンのような弦楽器から、演歌が流れるだけで、招待された来賓を驚かせ、そして喜ばせる事にもなります。お琴の音色から、ロック調の音楽がなり、それで新郎新婦がお色直しの退場をした時も、意外性を楽しむ事ができ、2時間半の披露宴も飽きさせないでいられるという利点があります。そして、プロ奏者に任せれば、ケーキ入刀や乾杯といったメインのクライマックスのところで、メロディーのサビの部分が来るように調整しながら、演奏をしてもらえ、こちらも盛り上がります。入退場でも同様に、入場・着席のタイミングをすべて計算に入れて演奏します。また、友人に演奏をお願いするならば、アットホームな感じで、いつまでも気持ちに残る披露宴にもなるでしょう。楽器があれば、余興の最後に、新郎新婦が共同作業として、連弾をする。 それがお客様へのもてなしにもなります。生で演奏するというのは、生放送と同じで、たとえ音ミスがあっても、そのまま流れてしまいます。それを含め、CDとは違った、生きた音楽を聴ける事は素晴らしいことです。名古屋の結婚式も色々な工夫をしています。

最近では「リフォーム工事」をおこなうにあたり、まずイメージする「理想のインテリア」について、リフォーム工事を依頼する業者に伝えてくる人も増えているといいます。要するに、まずは「どのようなインテリアにしたいのか」ということを伝えて、イメージするインテリアにするためには、どのような工事が必要なのかということを提案してもらおうということなのです。やはり、リフォームをおこなうのであれば、理想により近いものを実現したいと思うのは、ごく自然なことでしょう。それは商業施設 仙台に建てたい場合においても、同様のことです。商業施設であれば尚更、デザインは重要なところです。今ではインテリアからリフォーム工事の箇所を提案することも、十分に可能なのです。たとえ、依頼主が切り抜きや映画のワンシーンなどをあげて、断片的にイメージを伝えてきたとしても、そこはやはり「プロの仕事」だと実感することでしょう。設計士ないし建築家は、そのような言葉からもしっかりと設計図を書いてくれるのですから。そして、しっかりと依頼主のイメージを具体的にしてくれるという「プロの仕事」にもおおいに驚くことでしょう。ですから、気兼ねなく要望はどんどん伝えることが重要です。

オルゴールの響きは優しくて癒される。
おばあちゃんの家に小さなプレゼント包みの形をしたオルゴールが置いてあります。 子供達は大好きで、いつもおばあちゃんの家へ行くと、ねじを巻いてオルゴールの曲が流れます。 お雛様や、五月人形を買うと、オルゴールがプレゼントで付いてくる。そのオルゴールには、お雛様には「雛祭り」の曲がなり、五月人形には「こいのぼり」が流れる。それも、飾ると絶対にねじを巻き鳴らしてくれます。優しい音色で最後の方はねじの巻きが少なくなってゆっくり流れるのがまた良いですね。いつかの母の誕生日に、自分のおこづかいを貯めて、曲が流れると、上の人形がクルクル動くオルゴールを、母にプレゼントしたことがあります。大切にコレクションボードに飾ってくれていました。今でも、大切に飾ってあります。

家も新築で暮らしている時は本当に快適で何の不自由もなく生活できるのですが、20年位経ってくると水回りの故障が出てきたり給湯機が壊れたりしてメンテナンスが必要となってくる。 築30年。35年ともなれば外観はかなり劣化してきて、そろそろ建て替えしなきゃいけないのかな?と思うような感じさえしてくる。しかし、こんな時こそリフォームなのかな? 建て替えるまでもないけれど、部分的に直したい。家自体のはまだしっかりしているのなら、外壁の塗装をし直すことや、内装をし直す、お風呂などの水回りを見直すだけでかなり快適に過ごせるようになってきます。実家もそろそろ築25年、水回りが気になっていたところです。直したいのは洗面に天井が高すぎて冬にはとても寒いお風呂。 子供が 「おばあちゃんのおうちのお風呂は深くて寒いね…。」 と言います。 確かに、今より年をとって足腰が弱くなった時にこの深さのお風呂は大変だな…とか、お風呂がこんなに寒いと温度差で心筋梗塞になることも考えられる。 家族がストレスなく暮らせるように今の暮らしに合わせてリフォームすることは、とても意味があることだと思い、リフォーム 三重県へリフォームの相談をしてみたのです。

最近、日本各地で頻繁に地震が起きています。 自分の家も心配ですが、お墓も心配です。テレビで、墓石が倒れて被害が出ています!なんていう、実況を聞いたことがあります。神社の灯篭が崩れたというニュースも良く聞きます。 普段の地震でお墓は大丈夫だったか…なんて、気にも留めないですが、大きな地震があった場合、倒れたり、地盤が歪んで、墓石が全体に傾くことも考えられますよね。 東北の地震で震災に合った友人が、電子レンジが棚から飛び出して、扉のガラスが割れてしまった…。しかも、職場に津波が押し寄せて、車が流されたそうで…。大変な被害だよ…。と、言っていました。友人が無事だったのが、本当に胸を撫で下ろしたのですが、余震も続いて、怖かったよ…。と言っていました。普段、重くて滅多に動かすことのない電子レンジが、棚から飛び出すなんて相当な揺れだったのだと思いました。そりゃ、墓石も何も補強してなければ、倒れますわ…。この地震を経験したら、何に関しても、手を打っておきたい感じになるそうで、倒れるものすべて補強したり、耐震対策をしたと言っていました。耐震 墓も、作業して、今後倒れないように対策済みだということだった。

歯並びが悪いって病気ではないけれど、しっかり噛めるって言うことって、生き物の基本だと思いませんか?口って消化器官の一番初めですものね。 よく噛むことで、唾液が分泌され消化を助けてくれるのです。 小さい頃に読んだ事のある、食べ物の旅っていう本から、教えられました。 強烈に記憶に残っています。絵で示されると、記憶に残るんでしょう。しかも、興味を持って読んだからっていうことも、関係あるかもしれませんね。噛むことって、大事なんだな。子供ながらに思いましたよ。 噛む回数が少ないと、胃に負担がかかるって言いますよね。しっかりとしたかみ合わせで食事が出来るということは、体にいい事なのですね。 歯並び歯悪いと食べ物のカスが取りづらく虫歯にもなりやすいということが言えると思いますが、気になってしまって、思いっきり笑えない…なんて方もいらっしゃるのでは? 友人で、小学生低学年頃の悲しい話しを聞いたことがあります。乳歯が生え換わる時期だったらしいのですが、前歯が虫歯で抜かなくてはならない状況だったそうです。 お母さんも、大人の歯が生えてくるからいいだろうと思っていたのですが、虫歯を抜いてから、何年経っても大人の歯が生えてくる気配がなく、心配になって歯科医院にいったらしいのですが、レントゲンには大人の歯が映っているということで、歯ぐきを削って歯が生えやすい状況にしたんだそうですが、前歯がない時期に学校の先生に歯抜け呼ばれて悲しい思いをしたそうで…。傷つきますよね…。そんなこと言われたら。 しかし、前歯の横の歯が結局生えずに大人になっても隙間があるそうで、本人は大変気にしているようです。しかも、長年放置「していたから、他の歯が移動してきて、歯並びが気になってしまったといっていました。歯科 福井 は矯正専門の歯科だから、行ってみたらどうだろ…という話をしていました。

 
松葉ガニ

間人ガニ

盗聴器の発見も探偵

Copyright(C) Net origin of a snow crab All Rights Reserved.